こんにちは、ひがしです。
11/3に行われたVimConf 2019に参加してきました。

キーノート

Vim Renaissance

Prabir Shresthaさんの発表で、Vimのこれまでとこれからの話、vim-lspやlspについてのお話でした。
情熱的な話し方をされていて、本当に引き込まれました。
飛行機を操縦するというお話もかなり印象にのこりました。

We can have nice thigs

Justin M. Keyesさんの発表でした。
Neovimのゴールの話、利用できるものは利用したほうがいいという考えにとても共感しました。
スライドの枚数もとても多く、すごい情熱を感じました。
時間の都合で聞けなかったLuaのお話が聞きたかった…。

CFP

Your Vim is Only for You

moppさんの発表で、こちらはエディタの育て方というお話でした。
自分は今まで度々、あまり理解していない設定をvimrcに書き加えたりしていたので聞いていて自分の中で反省するなどしていました。

Grown up from Vim User to Vim plugin developer side

IKさんの発表で、ユーザーから開発者になるときのお話でした。
OSSへの貢献についてかなり学ぶものがある発表で、最後の一歩踏み出す勇気が必要という言葉に感銘をうけ、自分もこうなりたいと強く思いました。

Usage and manipulation of the tag stack

daisuzuさんの発表で、タグスタックのお話でした。
僕は普段はlspの定義ジャンプ等の機能を全然活用できてなかったのでこの発表を聞いてこんな便利な機能を使っていなかったのか…と後悔しました。
タグスタック関係のお話は自分の知識不足で追いつけなかったのでスライドをみながら勉強したいと思いました。

make test

m-nishiさんの発表で、Vimのテストについてのお話でした。
Vimのビルドは普段よくしていましたが、testについては全然知らなかったので知ることができ、とても良かったです。

My Vim life

gorillaさんの発表で、gorillaさんのVimについての活動、学び方などの発表でした。
goriilaさんのVimの学び方はとても勉強になり、helpを引く癖をつけようと思いました。「Vimを楽しむことが大事」という言葉が一番印象に残りました。

Using Vim at Work!

Danish Prakashさんの発表で、業務でVimを使うことに関しての発表でした。
業務の際は、自分のパソコンを他の人が触ることもあり、開発をするときはマウスのオプションなど、Vimにあまりなれてない人でも使いやすくする配慮も大事だなと思いました。

Let’s Play with Vanilla Vim

Hezby MuhammandさんのバニラVim(光のVim)の良さについての発表でした。
自分が知らなかったVimのデフォルト機能がかなり紹介されていてこれからは素のVimの機能も積極的に使っていきたいと感じる発表でした。

13 Vim plugins I use every day

ujihisaさんが普段使っているプラグインをライブコーディングをしながら紹介するという発表でした。
サクサクとライブコーディングを進めていてすごいと思いました。紹介されていた一部のプラグインは使ったことがなかったのでぜひ使ってみたいです。

My dark plugins development history ~ over 10 years ~

ShougoさんのVim開発の話でした。
Shougoさんの発表は僕が絶対に聞きたかった発表の一つでした。
どのようなプラグインを作ってきたのかの話、Shougoさんの開発スタイルの話が聞くことができました。
PCと違い、すぐに取り出せる紙にメモを取るスタイルは自分も実践してみようと思います。

LT

ごめんなさい…自分の発表で緊張していてしっかりと聞くことができませんでした…
覚えている範囲で書いていこうと思います…

Customer support with Vim

Hiroaki KADOMATSUさんの発表でした。
Vimを使って質問に答えることで、入力中に誤送信をしてしまう危険性を減らすこともできるという点が印象に残っています。

Connect with many developers from small plugin

lighttiger2505さんの発表で、deoplete-vim-lspを実装した際の話でした。
deoplete.nvimでvim-lspが使えるとのことでぜひ使ってみたいと思った。
少量のコードでとてもすごいプラグインを作っていてすごいと思った。

Cna we do Slack with Vim?

僕の発表です。
詳しくは後述

Time script ~静的型付きVim Script~

aiya000さんの静的型付きVim Scriptの発表でした。
静的型付け言語が大好きな僕にとってとても聞きたい発表でした。
Type Scriptとの比較をしながらだったのでわかりやすかったです。

Lose Weight with Vim and Go

micchiebearさんのVimとGoで痩せるという発表でした。
Go言語とVimを使って痩せるためのプラグインを作っている話で、とてもおもしろい発表でした。

Vim as a text processor

うさみけんたさんのバッチモードの話でした。
Vimのバッチモードは使ったことがなかったので今後は使ってみたいと思いました。

VimのリポジトリがGitに移ったときの知られざるはなし

KoRonさんの発表で、もともと40分くらいの発表を5分でしかも訳しながら発表されていました。
VimのリポジトリがGitに移ったときの話はまったく知らなかったのでとてもおもしろかったです。

発表を聞いて感じたこと

OSSへの関わり方を変えよう、と思いました。
バグに遭遇したら、そのプラグインの使用を諦めるかバグが直るのを待つかではなく、バグの原因を探してissueを立てる、できるのならバグを直してpull requestsを送る、それが自分にとって、開発者にとって、Vimにとってプラスになると感じました。
また、今までの自分はOSSに関わりたいと思っていても「自分では力不足だから」といって最初から諦めていました。
これからは最初から諦め、バグが治るのをただ待つだけという関わり方をやめます。

プラグイン作成についても、考えが変わりました。
僕が作成したプラグインは最新のVimの上で動かすことを前提として作っていて、古いVimやNeovimでは一部の機能を実装しておらず、放置していました。
今後はいろんな環境で動くものを作っていけたらと思っています。

LTを発表して

今回、LTをしてきました。
VimConfのLT採択のメールが来たときはめちゃくちゃ驚きましたし嬉しかったです。
題材は僕の半年間の成果である「VimでSlack」でした。
sarahck.vimゴリラ.vimで発表しており、そのときからの変更点はすべてVimScriptに置き換えたという点のみでもう少し追加要素がほしいということでsarahck.vimのチャンネルの表示速度を改善したsleahcksleahck.vimというプラグインを作成し、発表に挑みました。
発表は自分の人生の中で一番うまくできた気がします。
また、sleahck、sleahck.vimのcache serverを立てるという点を褒めていただけたことが一番嬉しかったです。
この発表は資料作成を手伝ってくれた友人や先輩方、先生方がいなければできなかった発表でした。手伝ってくださり、本当にありがとうございました。

After Partyの話

話しかけてきてくれた皆様本当にありがとうございます。
Shougoさんともじっくりお話することができ、いろんなことを聞くことができました。
ご飯もすごく美味しかったですし、本当に楽しかったです。

まとめ

今回、VimConf 2019に参加できて本当に良かったです。
僕がやりたいこと、目指したいものが固まりました。

VimConfをつくってくれたスタッフの皆さん、翻訳をしてくれた方々、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

来年も参加します!!

カテゴリー: 参加記

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です